読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 2/20 loose night vol.9

f:id:masstequeolo:20160225162241j:image

今年初の大阪でのライブ。
ツアーファイナルから考えると2ヶ月ぶりか。
ライブ自体は多かったしPangeaにも何度か行っていたしonion night!でカウントダウンもしたからそんな感じしないな。

loose nightは去年何度か遊びに行かせてもらったイベントのひとつ。
NEW ERRRORの翌日だったかな、DJのみのイベントでとても気前良くテキーラ注いでくれるお兄さんがいてゲロ吐く手前くらい飲んで楽しかった。
ヘロヘロの状態のときに僕たちの曲がかかって、前に追いやられたときはどうしようもなくて軽い会釈をした。

PangeaとCLAPPERでやってたサーキットにも遊びに行った。
THE BOY MEETS GIRLSを初めて観れたのもこの時だ。ぶっ飛ばされた。

UN-LOCKのサーキットでもloose nightと同じで1度目のDJは観に行けた。けど2度目は出番と被っていたので行けなかった。その時に私達も観たかったからと僕たちの曲をかけてくれたことも後から聞いてめちゃくちゃ嬉しかった。

実は何度も誘ってもらっていてタイミングがなかなか合わなくて今回やっと、ってことでとても嬉しかったし気合も入っていた。
なによりloose nightのDJのにゃんさんが好きなバンドをツイートしていたときにBUMP OF CHICKENと同じ並びに入れていてくれたことがとても嬉しかった。恐縮だったけれども頭に乗りそうでもあった。

朝から大雨で、大阪に着いた時点でびしょ濡れだった。
そういえば髪切ったからこの日は誰にも気付かれなかった。あ、誰やと思ったらますみやったんか、みたいな感じがリハ中はずっと続いてた。

DENSHI JISIONのリリースツアーでもあったわけだけれど、もうこの後誰の出番も来させないくらい盛り上げてやるくらいの気持ちでライブした。
セッティング中にやった”Declare Direct Dance”のワンコーラスだけでめっちゃ手が上がったのはびっくりした。

この日に初めてやる新曲を演奏した。
ジャムセッションでいつも曲を作るんだけど、この曲は僕の持っていったコードから出来た曲。この曲の名前は”youth”。
大人になれない若さについて書きました。
とても簡単に言うなら無理して大人になる必要なんてないよ、って曲。
初めてマイナー調ではない曲だったから違和感があったかもしれないけれど、新しい僕ららしさを提示できたと思ってる。個人的にはサビの後半のメロがめっちゃ気に入ってる。

ほんとにloose night死んでもいいぞってくらい楽しかった。でらロックのときと同じように、エネルギーを打ち合えるような、そんな充実した時間だった。でもより密度の高いラリーをする為にまだまだ足りないものだらけだなって思った。
力が無ければ力は抜けないし、そもそも力がなければ力は出せないし、その力を出し切る為にはスタミナがいるし、ただ単に体力があればいいってもんじゃないのだ。
空っぽになって帰れんくなるくらいのライブがしたい。
悔しさも残るけれど、めっちゃ楽しい時間だった。一緒に遊んでくれた人たちほんとにありがとう!

Lambdaとやるのは実は3度目で、お互いそのことを覚えていてなんか嬉しかった。
初めて出たのはclub vijonで.感染というバンドのライブに出たときで、Lambdaの表記も今とは違った。そのあとはALTEMAってコンピレーションのリリースサーキットで一緒だった。懐かしすぎる。”厭世論”って曲がとても好きだ。

シンガロンパレードは今月3度目。
戦艦モージョというコンピレーションで知って、それからもう3年近く経って、何度かライブは見たことあったけど、今月まで一度も対バンしなかったのにこの1ヶ月で3度目ってなんなんだ。たまにこういうことある。
メロディーがどの曲でも良いんだけど、”ジャパニータ”って曲がやはり群を抜いて良い。コミカルになりすぎないバランス感が最高だ。

DENSHI JISIONとのライブは去年の秋葉原のライブハウスでハウリングアンプリファーと行ったぶり。そういえばこの時ってまだハウリングアンプリファーとよそよそしかったな。はは。
ドラムがモエコさんに代わったことによって、めっちゃ良くなっててびびった。
タイトでパワフルで、パフォーマンスにも手を抜いてないし、あんな良いドラムなかなかおらんなあと思った。素晴らしかった。

loose nightのDJも楽しかった。
特にDJ麻美の愛はズボーンの”まさかのイマジネイション”から”MAJIMEチャンネル”の繋ぎはちょい鳥肌たちそうだった。本人たちがやってる”新しいウルトラC”からの”ひっぱられる”くらい鳥肌もんだった。
DJしてなかったらただのヤバい奴でしかないんだけど、こいつのDJにはカラーがあって、ストーリーがある。この人がこの曲をかけるから、この曲が輝くんだよね、ってものを持ってる。って話をDJ博士としていた。そういうDJが僕は好きだよ。

White RadioのRadio Timeも凄かったな。
初めて見たんだけどあれは反則だ。体感してない人は是非体感してみてほしい。
目を離せなくなる。そもそもたくさんの音楽を知っていないと出来ない技だ。
僕はCreepy Nutsをリクエストしてたんだけど流れんかった。くそう。
絶対にWhite Radioにも出たいと思った。しろーくんとストレイテナー談義もっとしたかったな。

最後ににゃんさんが流したBUMP OF CHICKENの”sailing day”がめっちゃグッと来た。単純にめっちゃかっこよかったのもある。
とても久々に聴いたんだけど当時中学1年生だった僕が好きだった曲を今でもカッコよく思えることがとても嬉しかった。

ライブの翌日から高熱が出て完全にダウン。布団からでれない日が3日くらい続きました。
風邪流行ってるみたいなのでみなさん気をつけでくださいね。

クソベロベロになってるダケの画像あげておきます。
f:id:masstequeolo:20160225162536j:image
f:id:masstequeolo:20160225162635j:image