読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 4/17 Twilight セルフライナーノート

f:id:masstequeolo:20170417211551j:image

12/8心斎橋PangeaにてTwilightレコ発から始まり3月19日の秋田SHARE!!にてリリースツアーは終了しましたので、ちょっと空いてしまったけれどセルフライナーノートを書いておきます。

音源の用意はよろしいですか!よろしくない奴はライブ来てCD手に入れてから読んで!そうじゃなくてもいいけど!

おしゃれなジャケで会場限定の上生産限定盤つまりすべてリミテッドエディションなのでこの世に生きるひとりひとりリミテッドエディションのみなさんよろしく!

 

M-1.Twilight

まずこのCD、前ベースアツシとRECした最後の作品です。

ジャムセッション中に生まれたダケのイントロリフからメロを展開させて作った曲です。

届けることの出来なかった想いの行き場について書きました。

元々はHURTSってタイトルが付いてました。Twilightの前にも一度だけHURTSってタイトルの曲があって、それは一度だけライブでやってボツになったのでいつかまたチャレンジしたいタイトルとテーマであります。

伝える勇気が持てなかった想いはどこへ行くのか。

もやもやと自分の中でずっと抱えているうちにかけがえのない自分の一部になっていくんじゃないかな、そういう気持ちを込めました。

儚いことかもしれないけれども、実らなかった想いも大切な自分の心の一部なんだと思います。

 

M-2.Survivor's Guilt

この曲はS.O.S.のリリースツアーファイナルツーマンで初めてやりました。この曲も元々別タイトルが付いていて、その時のタイトルはBroken Scene(仮)となってました。なんでそんなタイトル付いてたのか今となっては思い出せないんだけども。

まずサバイバーズギルトというものについて説明すると、サバイバーズ・ギルト(Survivor's guilt)は、戦争や災害、事故、事件、虐待などに遭いながら、奇跡的に生還を遂げた人が、周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して、しばしば感じる罪悪感のこと。以上ウィキペディアからの引用。

 去年の今頃の僕たちはたくさんの同志との別れがありました。同じように夢を見て同じように笑いあってきたバンドの解散が本当に多かった。

惜しまれながら活動を終えた仲間たちと、そのなかで燻り続けていく自分の歯がゆさ。

ライブを重ねるほどに罪悪感が増していった。

終わるなら僕のほうが良かったんじゃないかと何度も思いながら何度も夜を越えてきました。

 そのなかで色んな人と言葉をかわすなかでシンプルな答えにたどり着きました。

背中を押してくれる人がいる限り、たのしみにしてくれる人がいる限り僕は自信持ってやればいいだけなんだなって。

初めて行った秋田で、自分たちの音楽で拳をあげてくれる光景がそれを証明してくれたなって思えたそんなツアーでもありました。

全部背負ってここからが僕らのターンオーバーです。このストーリーはWelcomeに続いていきます。期待しててください!以上!