読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 3/18 此岸のサイケデリア

f:id:masstequeolo:20160320201935j:image

AZさんともえみさんの企画、此岸のサイケデリアに呼んでもらった。
Twitterでこの告知を見て、なんで声かけてくれねぇんだ!!!と思ってたらオファーもらえてとても嬉しかった。よっしゃあああ出る!!!ってなった。

AZさんはとても分かりやすく、僕たちのことを評価してくれている。(気がしている。)
ちゃんと良かった、と言ってくれるし、ツイートまでしてくれているので、疑心暗鬼を極めている僕としてはいつでも味方してくれるとても心強い存在です。
そしてなんというか全て見透かされているような気がしています、察してくれているような。苦しいことをすぐに理解してくれるから何度も救われたことあって、ほんとにここまでやれなかったよ、って瞬間とてもある。
ちなみに僕がハードコア好きだった時期があるのを見抜いたのはAZさんだけです。

もう頻繁に会いすぎてまったく関東のバンドとは思ってないderonderonderonや久々だけど1年ぶりではないはずのヨモギ|イ|チヨウやもう2年くらい前からずっと一緒にやりたくて仕方なかったドミコとの4マン。
しかもヘラバラウンジ、やっぱりあのステージは憧れだ。9mm Parabellum Bulletのアーティスト写真で使われてた場所が、8ottoのMVで使われてた場所が、学生時代によく聞いていたバンドたちがここでやっていたんだ、って知ったときから出たかった場所だ。
めちゃくちゃ刺激的だったけど、ほんとに悔しくてどうしようもない日にしてしまった。来てくれていたみなさんほんとにごめんなさい。

この日の一週間前くらいから謎の空調が効いている空間に行くと咳が止まらない症状(外に出るとピタっと止まる)、3日前のスタジオの後からピークになって、結果声が枯れてしまった。
前日のNoise and milkの解散ライブの時はそこまで酷くなかったのに、当日の朝起きたら声が見事に全く出なかった。
リハーサルのときももうダケに死亡宣告されるほどに声が出てなかった。
まさかこんな声になるなんて思ってもみなかったから知りうる知恵とその場で出来るケアをした結果、3曲目までは割と歌えてたと思うんだけど、結局5曲目前後に声が出なくなってしまった。頭に酸素がきてないような感じで頭もほぼ動いてなかった。

めちゃくちゃ悔しかったし不甲斐なかった。
観に来てくれたみなさんにも申し訳なかったし、僕らをトリに抜擢してくれたあずさんにも申し訳なかった。本当にごめんなさい。
ここ最近ずっとライブ楽しくやれてて、いい調子でやれていたから、1番いい状態の僕たちを来てくれてた人たちに観てもらいたかった。

声の出ない僕はもうそこから絞り出すようにしか歌うしか術がなくて、ひたすら歌ったけれど、きっと声は届いてなかったように思う。
そんな無様な状態で”S.O.S.”を歌っているとき、ステージを端から端へと見渡せば、観てくれているみんなの口が、僕と同じ口の動きをしていた。
S.O.S.は他の曲に比べればシンガロングしやすい曲ではないと思う。でも歌詞を覚えて、一緒に歌ってくれてるってことがとても嬉しかった。助けられてしまったな、と申し訳ない反面とても嬉しかった。ありがとう。

アンコールもこんな状態だけど、させてもらえた。
千葉同様、僕のシンセは故障したままで、グッティのシンセを借りたんだけど、使い勝手が違うのでとても難しい。
久しぶりに”Tonight”を歌った。Rock'n Roll BirthdayというDJチームのコムさんが”Tonight”は名曲だって言ってくれたのがとても嬉しかった。
RRBとのツアー、大切な友達まめぽよの企画DOORSが無ければ生まれなかった曲だから、その当事者に褒めてもらえるのはとても光栄なことだ。
AZさんがアンコールになる前に流してくれた曲がSmashing Pumpkinsの”Tonight, Tonight”という曲だった。
この曲はグランジやオルタナに傾倒していた高校生の頃、めちゃくちゃ聴いたバンドのその中でも1番好きな曲だ。AZさん分かりすぎてて最高だ。
あとCreepy Nuts流れたのもわかってる!ってなった。分かりすぎている!!!

イベントが終わってからderonderonderonのJP(よく物販にいるひと)に、こないだとは違うバンドに見えたよ、と言ってもらえた。
前回一緒にやったとき、バンドをやる苦悩みたいなことをすこし話したんだった。その時とは違う、覚悟が見えたって言ってくれたのがこんなライブしてしまった後だったけど、すこしだけ救われました。

久々に観たヨモギ|イ|チヨウがとても良かった。以前ならついてこれる奴だけついてきたらいい、って感じだったんだけど、誰も置いていかないライブをしてた。
決して人懐こい音像のバンドではないと思う。編成も異端だし。けどフレーズひとつひとつがめちゃくちゃかっこいい。だから誰も置いていかないことでバンドとして損をすることはないと思う。
最後にやってた曲が明るいわけじゃないんだけど、キャッチーで、ヨモギの持つシリアスさが世界に開けていく感じがした。オアシス聴いてるみたいな気分だった。

ドミコもめちゃくちゃ音量デカくてスピーカーの真横にいたから耳イカレるかと思ってまじ最高だったな。
2年前に”United Pancake”聴いてブッ飛んだけど音圧もブッ飛びで痺れた。
”旅行ごっこ”と”プライマリケア”まじ最高。
”Sea Side, Morning-Hotel Is Fire”も聴きたかったなあ。

deronderonderonは出番前だったからあんまり見れてないんだけど、なんかヤバい新曲あるって聞いてたけどやらんかったからはよ聞きたい。おあずけってマチルダちえこに言われた。
そんでいつ見てもばっしーのギター最高。
”NO SHIKO”のサビの時のかんちゃんの動きを、”Whammy”の時にマネしてみたら、なんか全く違う動きになって結局思い出せんかった。まじNO思考だった。

学問リテラシーってバンドをやっていた米田くんが観に来てくれてた。何度か観に来てくれてるんだけど、ゆっくり話すことがなくって、久々にやっと話せて嬉しかった。
僕らがINVISIBLIARってCDを出したとき、オープニングアクトで出てくれたのが学問リテラシー。一度しか見れなかったけどめちゃくちゃかっこいいと思ったんだ。だからまたバンドやってくれよ、ってやっと言えた。
やろうと思ってるって言ってたからとても楽しみだ。

神戸はまだ解禁されてないんだけど、とても楽しそうなイベントが決まっていて、そう遠くないうちにまた行きます。
リベンジを必ず、必ずします!最高を更新していくバンドだ!テキョロは!これからもよろしくお願いします!

そして次のライブは京都!
nanoの周年を祝いにいきます!
顔ぶれも最高だし間違いなく最高の夜に僕らがします!こんな悔しい思いは二度としねえぞ!
取り置きいけるよ!かかってこい!

▼3/29(火)@二条nano
京都nano 12周年月間第22夜
「WANDERING WONDER」
出演:
Atomic stooges
カトキット
百長
ミスタニスタ
Tequeolo Caliqueolo
開場18:00 開演18:30
前売¥1800 当日¥2000(1drink¥500)