読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015 11/11 ROOZER リリースツアー ファイナル

下北沢、渋谷、新宿、でばっかりでライブしてる僕たちの初めて高田馬場でライブ。
愛すべきROOZERの大名曲”嘘でもいい”のリリースツアーファイナル。

この曲はROOZERのとってターニングポイントになったと思う。
ポポの今世紀最高のメロディーメイカーだ、って言葉を驕りではない、って世に知らしめる、そのきっかけになったんじゃないかなと思う。もちろんこんなもんでないでしょって僕は思ってるしROOZERも思ってるだろうけども。
でもメンバーが変わって、ガクちゃんと拓郎が入ってことによってポポとマサトが本当に生き生きしてる。それが友達として単純に嬉しい。

PHASEはとても綺麗なライブハウスで、音もとても良かった。
僕たちはイベント的にはとても浮いていたような気がする。
ウェイトの問題なのかな。普段ダンスバンドっていうほどダンスバンドのつもりは僕たちにはないんだけども、こういう日になるとダンスバンドらしさが浮き彫りになる。

OAにROOZERのポポとガクちゃんの弾き語りユニットGUが出てた。
知らない人に何故GUなのかを説明しておくと、ポポがGUのCMに出ているからです。
高良健吾さんとプレイバックを演奏している左の男がポポだからです。
弾き語りでやってた新曲、とても良い。曲名聞きそびれたのだけど、最高。
最後にワンコーラスだけプレイバックをやってた。それがもう最低だった。おもしろかったけど。

はじめましてのTHE DHOLE、ベースが元TAMTAMの樹音さんだった。はじめて会ったのだけどもTAMTAMとても好きだったから挨拶できて嬉しかった。
音源をアツシ経由でいただいたのだけども全曲とても良かった。

room12は本当に前から名前をよく知っているし、ROOZERのスタッフのちばりほが大好きなことも知っていたし何故かはじめまして感は無かった。
楽屋でのライブへのストイックさ、もっと僕たちにもやれることがあるな、って実感させられた。
烙印という曲がとても好きだ。

この日は40分ステージ。東京来て長い時間やれることないからとても嬉しい。
本当に久しぶりにA.C.T.L.O.G.を演奏した。
なんか結成してすぐくらいのこと思い出してなんかエモくなった。

帰りのバスがとても早い時間しか取れず、お客さんと話しているうちにROOZERを数曲しか見れず。アンコールで演奏していた新曲はポポらしさ剥き出しのそれで素晴らしかった。

アンコールで発表されたROOZERの全国流通、もはや普通にファンとしてとても嬉しい。
ROOZERみたいなバンドがいると僕は日本に生まれて良かったなと思う。
こういうバンドの良さを一番分かるのは日本に生まれた僕たちだと思うから、よりたくさんの人に届いてほしいって思う。
僕たち世代も、それよりも若い多感な人たちも、それよりももっと僕たちよりも年上の人たちも魅力できるメロがこのバンドには詰まってます。早く聴きたい。

いや、どうでもいいんだけど、この日の拓郎はおもちゃの笛をずーっと吹いてた。
いやどうでもいいんだけど、なんだったんだろあれ。いやどうでもいいんだけど。