読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015 11/3 nano

ほんとにNoise and milkがいない日にnanoに出るの何年ぶりだろう?
というくらいにはnanoに出るときにはNoise and milkと一緒に出ることばっかりだったから、楽屋はいつもと違う感じがしてたよ。要するに静かだったよ。

この日は元herberの前田慧の新しいバンドmama fu-fuhや本当に久しぶりの対バンのThe Stone That Burnsがいてほんとに楽しかった。

mama fu-fuhの存在を知ったのは今年になってからで、スタジオでいつものように練習してたら空き時間に話しかけてきたのが前田慧で。

僕はherberの頃から、いや前the 90sのときから仲良くしてたし。その前のバンド名のKOALA頃から名前は知ってたし、いや、その前にやってた芋助ってバンドのギタリストとしてやってたときにすげー上手いやついる!くらいから知ってたし。
だからherberが解散して、こいつがバンドやらなくなったことをとても悲しく思っていた。
僕はherberの”Tonight”という曲がとても好きだった。
だからスタジオでバンドやってる、ってことを聞いたときはとても嬉しかった。

mama fu-fuhのライブはとても良かった。
南極ロックという新曲はこれぞ前田慧というメロディーの曲で彼の帰還を感じさせてくれる名曲だった。

ギターのじゃぐちさんは、フレーズひとつひとつが最高だった。
そもそも僕が高校生の頃に好きだったprimordial soupというインストバンドがいて、ほんとに未だに聞くくらい好きなんだけど、そこでギターを弾いていたのがじゃぐちさんということを最近知った。良くないわけがないんです。

とても久々のThe Stone That Burns、メンバーチェンジして初めて見たんだけどかなりヤバイバンドになってた。かっこよすぎる。
アベくんのギターは前々から大好きなんだけども、この日はキレッキレだった。
好きなギタリストを5人挙げるなら僕は迷わずにアベくんを挙げるよ。
”Taste of life”のイントロのアルペジオがクールでたまらないぜ。

The Cuttersも良かった。
音源めちゃくちゃ良い。
この先化けそうな感じめちゃくちゃした。

この日のライブもとても楽しかった。
僕たちはトリをさせてもらったけれど、それまでの4バンドがとても良いライブをしていて、いい緊張感のまま繋がっていた。
全員野球というか、バトンを繋いでいくようなライブ。本当に楽しい刺激的な一日だった。
アンコールまでもらって計8曲。
奇しくもこの日の最後に演奏したのは僕たちの”Tonight”。ドラマを感じた夜でした。
S.O.S.をリリースしてからS.O.S.の曲を初めて全曲やれました。本当にありがとう。

nanoでのアンコールは特別だ。
予定調和で起きるものではない、お客さんだけじゃなくて、土竜さんもまーこおばちゃんもミノウラくんまで上げて、やっと起きるものな気がしてます。
本当のエキサイトの結果だと感じることが出来るゆえに、特別。

今年の京都でのライブはこれで終わり。
まだまだライブはたくさんあるけども、京都のラストをnanoで締められて良かった。
次は東京で大親友ROOZERのレコ発ファイナル。イケメン相手には容赦なく行くスタイルで行きます。東京のみなさんよろしく。